ロルフィング感想:S4「ピラティスの先生に動きが良くなっていると言われた!」

運動指導士の真さんから表層のセッション1−3を終え、コアセッションのスタートとなるセッション4の感想を頂きました。どうぞご覧ください。

前回のセッションはこちらから

ロルフィング感想S3:「焦ることが少し減った気がします!」
 真さんからセッション3の感想を頂きました。どうぞご覧ください!前回のセッションはこちら足の裏がどんな風に地面と接地しているか、足の裏の柔らかさ、目で見た足の形に意識を向けて過ごしてみました。 一番難しかったのが、足の裏の地面との接地を感じる...

[前回のセッションからの振り返り]

歩行時の姿勢が変わった。

以前より上体が起き上がっている感じ。

それによって不都合なことはなく、歩くペースも変わらない。どちらかというと、スムーズに前に進めてる。

[セッション中に感じたこと]

セッションが進むにつれ、身体に厚みが出てきた。

胸に呼吸が入る感覚は前からあったが、肩までスペースが広がりさらに呼吸量が増えた気がする。

これまでのセッションで、1番お腹が柔らかくなり、呼吸とともに動くようになった。

[セッション後に感じたこと]

歩く時、後ろ脚が股関節からスッと長く伸びる。(習字の筆でスッとはらう感じ)その時に、内側のライン(内転筋からつま先まで)がより明確に感じられた。
セッションの3日後にピラティスのレッスンを受けたら、インストラクターから動きが良くなっていると言われた‼︎

自分でも少し力みが抜けている気がしたので嬉しかったです。

ーーー感想ここまでーーー

ムーブメントのレッスンを定期的に受けてる中で、長年見てくださっている方からこういったフィードバックを頂けると、自分で認識していること以上のものを得ている事が認識できて、嬉しかったり、安心したりしますよね。

だからいろいろな人と関わるってとても大切。

それがまたひとつ先に歩みをすすめてくれるから。

 

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ




【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?




ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。