「真面目な人、何かに一生懸命取り組んでいる人にすすめたい」40代男性 ピラティスインストラクター・会社経営者の方からのご感想

10シリーズに関するセッションに関するご感想を頂きました。

Qロルフィングを受ける前のお悩みは?

A:身体に緊張感があるような気がしていました。運動しているときに、どこかに力みがある感じが気になっていました。

Qそのお悩みに変化はありましたか?

A:常にリラックスできている状態にはなかなかなれませんが、ロルフィングで身体の緊張が抜けた状態を経験したことで、ときどきそうした状態に戻ったり、いつでも戻れると思えるようになりました。また、リラックスできている状態などに気付くようになりました。

Qそれ以外になにか気づいたことはありましたか?

A:気持ちに少し余裕が増えました。森部さんからお顔が変わった、と仰っていただいて自分でもびっくりしました。(心や身体の緊張は顔に出るのでしょうね。)

Q10シリーズはどのような体験でしたか?

A:前半は特に不思議な体験でした。自分では何かを変えた訳ではないのに、セッションが終わってみると、ラクに立てて歩けて呼吸がラクになりました。それまでの自分の感覚とのギャップが、とても印象的でした。

ラクに感じられる歩行のコツを知ることができたのも、良かったです。

ラスト3回の仕上げの時は、「どっちがラク?」「どういう感じ」とたくさん聞いていただいて、ときどき頭の中が混乱しそうになりましたが、自分の身体をかなり繊細に観察することが、“感覚”(体感覚だけではないのですが、脳の反応も含めてかなり包括的な概念での“感覚”という意味で捉えています・・・)を養う上でも面白いなあと思っていました。

Q一番印象に残ったセッションは?

A:初回です。呼吸がラクになりました。

Q森部の印象

A:懐が深く、いろいろな人、その人が抱えている問題、などを包み込んでいくような印象。

クライアント(僕)が抱えていたであろう何か(その何かを詳しく聞かなくても)をありのまま受け容れ、またクライアントが受け容れることを承認し、そのクライアントのことを尊重してセッションを進めてくれる。

Qどのような人にロルフィングを勧めたいか?

A:真面目な人。何かに向かって一途に取り組んでいる人。

運動を職業または高い次元で趣味にしている人で、力みが制限になっていると思っている人にもお勧めしたい。

Q10回通うのはどうでしたか?その他なにかあればどうぞ!

A:次回どんな感覚になるのか、などを楽しみにして通っていました。あっと言う間の10回でした。
ヒトの身体(=その人なんですけどね)と向き合う森部さんの姿勢も、大変刺激になりました。

ロルファーべぇの感想

とてもやわらかな物腰で、でもとても真摯にクライアントさんに向き合っていらっしゃることがわかる方。

同時にその真面目さ故に抱えてしまうこともあるのかな、というところも見受けられましたが、毎回のセッションで様々な反応を素直に受け取ってくださったのがとても嬉しかったです。

お仕事の方もとても順調そうなので、今度は忙しすぎて自分の体が悲鳴をあげる、ということがないようにしてほしいな、とおもっています!

 

ありがとうございました!

ではまた
べぇ

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。