メソッドor コンセプト

昨日、一昨日とDNS (Dynamic Neuromuscular Stabilization:動的神経筋安定化)のセミナーに参加してきました。

人間の神経系は姿勢や動作、歩行などの機能的動作をコントロールしています。この“モーターコントロール(運動制御)”は人生の最初の1年、赤ちゃんが生まれてから立ち上がるまで、に多くの部分が確立されます。 そのため、運動系の機能不全とそれに関連する症状を評価し修復するためには、モーターコントロールの神経発達の側面を理解することが重要になります。

リハビリテーションの世界に大きな影響を与えたボイタ、ルウィット、ヤンダ、ヴェレの各博士によって、神経発達とリハビリテーションの考え方は20世紀に革新的な進歩を遂げました。それを基にパベル・コラー博士は運動機能の修復と機能的動作の基本となる理論を体系化し、この新しい理論をDNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization:動的神経筋安定化)と名付けました。

腹腔内圧の調節による矢上面の安定性と四肢機能の分化による同側と対側運動パターンを基本とするDNS理論は、人間の機能的動作を評価、修復、向上させる ための基礎理論となります。

SASSホームページより抜粋 http://www.sass-sd.com/seminar/

 

このコースは前々から興味があり、参加するタイミングを図っていて、我が家にも子供が生まれた今、より自分の中に落とし込めるものがあるのでは、と思い参加しました。

もともと有名なものが受けられるとあって日本で行われるようになってからは自分の周りにいる情報感度の高い方々は、早々に参加されていましたが、自分は今のタイミングで良かったな、と思っています。

それは自分子供がうまれて、というのもそうですが自分の行っているワークの形がはっきりしてくる中での参加だったから。

 

実際、理論部分では自分の行っているワークやロルフィングの世界で言われていること、また自分自身が合気道のお稽古を通じて感じていることの多くをDNSの観点から解説してもらった感じがしています。

もちろんボディーワーカーとしては理論で全てを片付けられないということは大切にしながらも、それでもやっていることの方向性は間違っていない、ということがはっきりしたというのが最大の収穫。

感覚的なものは理論的に説明される部分が増えればまた感覚的に良いフィードバックが生まれることも多いですし、理論的なものに感覚的なものが増えればより良い効果を生み出すことができます。

どちらかだけでは不十分でそのバランスが大切。

 

コーディネーターのRyuさんとははじめまして、でしたが初めてあった感じがせずとても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

一番何が良かったかというのはその学問自体もそうなのですが、「DNSの考え方では」という伝え方を終始されていたこと。

「これが絶対」という考え方を押し出すのではなく、「こういう考え方なのです」ということをしっかりと、そしてはっきりと伝えてくださったこと。

このスタンスって簡単なようでなかなか難しい。言葉では「これが絶対」と思っていなくてもそれを言動で表してしまっていることが多いから。

 

会場でご一緒した業界の大先輩との話でも「メソッドを追うのではなくコンセプトを理解すること」の重要性についても休み時間にお話することができたこと。(もっとお話したかったのですが、この続きはまたぜひ)

また自分をもともとのアスレティックトレーニングの世界へのきっかけを作ってくださった友岡さんとも久しぶりに期せずして再会を果たすことができ、ランチタイムでの会話も非常に刺激的でした。(もう出会ってから18年になります)

 

もう決して若手ではない年代に自分はいますが、大先輩たちとこうやってお話をすることができるようになったことは嬉しいと同時に、大先輩たちが自分の話に耳を傾けてくださるところに懐の広さを感じます。

 

久しぶりに左脳全開な2日間でしたが、このタイミングで参加できてよかったです。クラスのパートナーにも恵まれました。

また一つ自分のやること・やらないことがはっきりした時間でもありました。

 

先生・Ryuさん、そしてご一緒してくださった皆様、ありがとうございました!

ほれぼれするトライポッド。どこで僕たちはこれをわすれてきてしまったのだろう、、、

ではまた
べぇ

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ




【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?




ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。