質問:「クライアントが変化に気づいてくれないときにはどうしたらいいですか?」

クライアントが変化に気づいてくれない時にはどうしたらよいか

よく頂く質問の中にこういったものがあります。

結論から言うと、起こった変化を理詰めで説明していくことは必要ありません。

というよりもむしろ逆効果です。

 

大切なことは、クライアントが感じていることを待つこと。

そしてもうひとつ、とても大切なことはプラクティショナーとしてのあなたの在り方です。

詳しくは動画を御覧ください。

質問募集:

身体に関することで素朴な疑問があり、聞いてみたいことがあるというかたは、こちらから質問内容を投稿してください。

全てにお答えできるとは限りませんが、動画やメルマガ内でお答えさせていただきます!

 

それではまた

森部高史

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。