「動かす」ということを「縮める」のではなく「伸ばす」「伸びる」と感じるようになりました。

 

10シリーズ終了後の感想を頂きました

ご覧下さい

 

左から S1前/S3後/S7後/S10後

 

ロルフィング®10シリーズを終えての感想 <36歳 女性 アスレティックトレーナー・鍼灸師>

 

Q:ロルフィングを受ける前のお悩みは何でしたか?

悩みというほどの悩みはありませんでしたが、強いて言えば朝起きてからしばらく首が痛くて、ぼんやりしていました。  

 

それから、歩くときに脚が後ろに伸びない感じはしていました。  

 

悩みを解決するというよりは、自分のからだをバージョンアップするためにセッションを受けたいと思いました。

Q:お悩みだった事に変化はありましたか?

朝起きてからの首の痛みがほとんどなくなり、「よく眠れた」という感じがするようになりました。

歩き方も変わったと思います。歩いているときに脚が後ろにしっかり伸びて、気持よく歩けるようになりました。

 

Q:お悩みだった事以外で何か変化はありましたか?

からだはすっかり変わったように思います。  

セッションのときに言われていた「体の中にスペースを作る」ということを、さまざまな動きでそれを感じます。

「動かす」ということを「縮める」のではなく「伸ばす」「伸びる」と感じるようになりました。  

 

同時に気持ちや考え方が伸びやかに広がるようになりました。その変化の方が大きいです。  

全体に「自由」を感じるようになっています。このスペースに書くのは難しいです!

Q: 一番印象に残ったセッションは何でしたか?またそれはなぜですか?

セッション1と7です。  

1で呼吸が深く、大きく入るようになった変化には本当に驚いて、数日のあいだふと深呼吸して肋骨が広がるのを確かめていました。

7では足から作ってきた土台に頭がすとんと乗せられる感じがありました。「頭はここ!」という感じがはっきりとありました。

 

Q:ロルファー森部 の印象は?

私は割と頑なな方なのですが、べぇさんとセッションで話しているうちに、そういう自分を受け入れて、もっと大らかでいたいと思わせてもらいました。

 

べぇさんが私のそういうところをこじ開けたり否定したりせずに、待ちながら、体にスペースを作ってくれたからだと思います。  

 

べぇさんがハードで理不尽なスポーツの現場を通り抜けてこられたということにも説得力がありました。

Q:10回通うのは大変でしたか?楽しかったですか?その他ご自由にどうぞ!

自分が多忙な時期と重なったりして、大変なこともありましたが、セッションに行けば何かが変えられると思えていたので、楽しかったです。

 

しかもそれは「変えてもらう」ではなく「自分で変わるためのアシストをしてもらえる」という感じだったので、充実感があり、自信になりました。  

 

本当に大切な数ヶ月になりました。感謝です!これからもよろしくお願いします。

 

ロルファー べぇ 感想

10シリーズは1週間に1回でも約3ヶ月

2週間に一度でも約半年のプロセスになります

 

その期間ゆっくり、じっくり自分と意識的にも、無意識的にも自分自身と向き合っていってもらいます

 

それだけの時間をかけて、目先の結果「だけ」を追い求めていかないので、考え方にも色々と変化がおこることも少なくありません

 

また、それだけの時間がかかっているから、人生の中で色々なことが起こる方も沢山いらっしゃいます

 

それは必ずしも良いことだけではなかったりもしますが、後から振り返ったら

 

「振り返ってみたらあの時が転機になっていたのかもね」

 

そんな時間の中にいたりすることもあります

 

今回のYさんも、そんなお一人

 

かなりハードなお仕事をされているので、体調を崩し、セッションがあいた時期も少しありました

 

ご本人いわく、その時期にセッションでしたことはあまり覚えていない、とのことでした

 

それでも通い続けてくれたことで見えた景色があると思います

 

ロルフィング®を受けてれば全てが好転するとか、僕にそんな力があるとか

そう言う事では全くないと思います

 

ロルフィングも僕も、あくまでも「きっかけ」

 

下に記載したご本人のブログ内にもありますが、
「依存」する関係性ではなくて、「自分の足でたつ為」のお手伝い 

 

Yさんは、そのきっかけをとても上手に使ってくださったのだな、と思います

そしてそれが本当に本当に嬉しいのです

 

左から S1前/S3後/S7後/S10後

お尻があがり、脊柱のカーブも滑らかに、そして自然に高い位置に来ているので
胸の位置も自然とあがりました。その為、頭もストンと背骨の上に「乗って」くれています 

 

 

ありがとうございました!これからも宜しくお願いします!

 

 

Yさんが御自身のブログにも感想を書いてくださいました

こちらもご覧下さい

 

http://atyuni.jugem.jp

セッションのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。