産後ママからのロルフィング感想「産後の体型戻し、なかなか落ちなかった2kgが終盤には落ちました」

3人目のお子様を出産されて、ご自身もインストラクターとして
活動される方からのロルフィング10シリーズ感想です。

どうぞご覧ください。


【年代】: 30代
【ご職業】: インストラクター

【ロルフィングを受ける前のお悩みは何でしたか?それに変化はありましたか?】

産後の体型戻し

なかなか落ちなかったあと2kg!が、シリーズ終盤には無事落ちました。

【お悩みだった事以外で何か変化はありましたか?】:

呼吸が深くなった。歩くのが苦でなくなった。
食べることへの罪悪感がなくなった。

夫の希望をなかなか聞き入れられずにいることをポロッと明かしたときに
べぇさんと話していく中で、自分の気持ちに変化が生まれその後夫の思いを受け入れられるようになりました。

このことがキッカケで、これまでは端から否定していたことも、
少しは聞く耳を持ち、受け止められるようになりました。

【ロルフィング10シリーズはどのような体験でしたか?】:

自分の心や体、内面に向き合うことは日頃から意識的にやるほうですが、

「よし、やるぞ!」と意気込むのとは少し違って、ゆったりとした心持ちの中で、
体がしっかりとここに存在するのを味わいながら、
結果的に内面を見つめることができる心地よい時間でした。

【一番印象に残ったセッションは何でしたか?またそれはなぜですか?】:

目玉を沈める。口の中。肝臓を持ち上げる。

いずれも初めて経験する感覚で、終わるととってもスッキリしたから。

【ロルファー森部の印象は?】:

お写真で拝見していたとおり、体も心も大きくて優しい方。

【どのような人にロルフィングをお勧めしたいですか?】:

疲れている人。どこか不調を感じている人

【10回通うのは大変でしたか?楽しかったですか?その他べぇへのメッセージなど】:

楽しかったです。

毎回セッション後は、体がとっても軽くなり、10回通うころには、
縮こまりがちだった体も無駄な力が抜け、凝りにくくなりました。

産後のなまった体にスイッチを入れていただき、シャキッと仕事復帰することができました。

どうもありがとうございました。


妊娠・出産・子育てのプロセスは本当に大変だと思います。

うちにも1歳半になる娘がいますが、なれることなんてなく
未だにてんやわんやです。

身体を痛めて出産をしているわけではないパパでも、
これだけ大変だと感じるのだから
ママたちはもっと大変なのだと思います。

思い通りに行かないのが子育て、なんて言われたりもしますが
そんな時だからこそ、自分がいかに楽な状態をつくっていられるか。

身体がしんどい、睡眠時間がとれていない、一人の時間がない

そんな時は相手を受け入れる余裕がなくなってしまうのは
しょうがないこと。

ちょうど子育てを経験してきた自分のタイミングもあるからこそ
率直な男性側の視点もお話することができたというのも
良かったのかな、なんて思います。

ロルフィングは決して痩せるためのものでもないし
その効果の感じ方はその人達の人生が人それぞれ異なった
道のりを歩んできているから、全く一緒とは言えないけれど
自分と、自分の人生と向き合って行く人達は
気持ちのよい変化と表情をみせてくれるな、と感じています。

何にせよ、女性が元気でいてくれるのは嬉しいです!

ありがとうございました!

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。