お客様の感想:ロルフィング【整形外科医等にさじを投げられた人。日常的に鬱っぽい人に勧めたい】

50代 会社員男性から10シリーズの感想を頂きました。御覧ください。

【ロルフィングを受ける前のお悩みは何でしたか?それに変化はありましたか?】

頸椎の歪み(?)が原因で右肩甲骨付近の痛み、
右手先の痺れがありました。
仕事に支障を来すほどの痛みや痺れでした。未だ完治とは
言えませんが、仕事中に気になることは激減しました。

【お悩みだった事以外で何か変化はありましたか?】:

視野が広くなったこと。歩く際の重心が低くなったこと。

種々のトレーニングの際、安心感が高まったこと。身体の変化に気づく力が向上したこと。

【ロルフィング10シリーズはどのような体験でしたか?】:

劇的な変化は望めませんでしたが
自分自身が別の〝段階〟に移ったのを実感すること屡々な体験でした。
50歳を超えて身長も伸びましたし……。

【一番印象に残ったセッションは何でしたか?またそれはなぜですか?】:

それはやはり第一回目です。

セッションが終わった後、歩いた際の安定感
足裏の接地感の豊かさ……びっくらこきました。

【ロルファー森部の印象は?】:

こちらの訊きたいことには懇切丁寧に答えて頂く一方で
森部さんからは必要最低限のことしか御声掛けになりませんでした。

まず我々のことを御考えでいらっしゃることがよ~く感じられました。

【どのような人にロルフィングをお勧めしたいですか?】:

整形外科医等にさじを投げられた人。日常的に鬱っぽい人。

【10回通うのは大変でしたか?楽しかったですか?その他メッセージなどご自由に!】:

御邪魔するたびにカラダの変化を感じられたので、大変なわけはありません。

【ロルファー森部の感想】

お仕事の関係で身体にまつわる専門家と関わる業務も多く、ご自身もワークアウトを普段から行われている方。

当初は【しびれなどがひどく、整形外科等にもかかっていたのですが、なかなか改善が見られない】ということでおこしくださいました。

ご本人も書かれていらっしゃいますが「劇的」な変化はなかった。

けれど、業務に支障をきたす程の痛みと痺れが激減した。

日々の生活で支障がでない、ということはとても喜ばしい結果です。

また、身体のことだけでなく、

自分自身が別の〝段階〟に移ったのを実感すること屡々な体験でした。

という、身体に変化が出てくると、人生のなかで様々な物が動き出すということは、僕がお届けしているセッションの特徴でもあり、その人生をサポート出来ることをとても嬉しく思っています。

ありがとうございました!

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ




【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?




ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。