歩くのが楽になり、気持ちが楽になりました

3回目のセッションを終えた方から感想を頂きました

30代 男性 会社役員

1ロルフィングのイメージ

ヨガのようなマッサージのような、そんなことをするのかな・・・と
思っていました。

2受けてみようとおもったきっかけ

森部さんが大学の後輩で、森部さんがやっているなら!とぜひ受けてみたいと思いました。

3実際に受けた感想。

自分の体の変化を感じることができる。

しかも森部さんが強くマッサージなどをするというよりさすっていることのほうが多い印象ですが、体が軽くなる感覚を持つことができました。

4変わったこと

姿勢の意識がかわりました。無理せずに姿勢を意識できるようになりました。

歩くのが楽になり、なんとなく気持ちが楽になりました。

自分の大学時代の先輩が、Facebookを通じて色々と情報を発信していた所非常に興味を持って頂きセッションを受けに来て頂いています

多くの部下を抱えられている方なので、健康には人一倍気をつけなければならない立場

しかし、上に立たれている方なので頼りにもされていますし、責任も大きいので身体的にも心理的な負担も相当なもの

なので出来る限りの事をして、万全の状態でいられるようにしている

この方に限らず、ですが社会的責任や心理的重荷というのも如実に身体や動きのパターンに現れます

3回の時点で大分身体も変わってきましたし、毎回生まれる変化をとても楽しんでもらえています

これから深層といわれるコアセッション

抱えられている身体の負担がより軽くなり、身体がより良い状態になるように

そして、自分自身で「身体をどう使っているか」がより意識できるようにお手伝いが出来たら、と思います

ロルフィング®は受けても、していても楽しいな、って思います

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。