ロルフィング10シリーズ感想:腰痛、肩こりはなくなりました。毎回凄く楽しかった!

(左から S1前/S3後/S7後/S10後)

10シリーズを終えたクライアントさんから、全体の感想を頂きました

ほんとうに色々変わったなー、っておもいます。楽しかった! ご覧ください

ロルフィング®10シリーズを終えての感想 <32歳 女性 医療関係>

Q:ロルフィングを受ける前のお悩みは何でしたか?

腰痛、肩こり、とそれに対する対処法が良く分からなかったこと

マッサージや整体は一時的な効果しか無く、運動をしても逆に身体を痛めてしまいどれも納得ができませんでした

Q:お悩みだった事に変化はありましたか?

腰痛、肩こりはなくなりました

ロルフィングで正しい体の動かし方(=楽!)が学習でき、日常的に無意識でかけていた体への負担が軽減されたからだと思います

また、ロルフィングを受けたからといって「長時間座ったり、歩いたりしてもつかれないわけではない」という事に気づけた事が大きかった

同じ動作をし続ける事自体、人間の体にとって不自然

教えて貰ったex(エクササイズ)を適度に行い体調維持できるようになりました

Q:お悩みだった事以外で何か変化はありましたか?

歩き方ー まっすぐ前を向いて、脇腹周辺の広がりを持ちながら下肢を安定して振り出せるようになった

立ち方ー 肩幅以上に足幅を開いても安定感がなかったのに、足幅を狭めても軸を感じて立っていられるようになった

体と物の関係についての価値観 ー 物優先ではなく、自分の体にフィットするものを選ぶようになった

Q: 一番印象に残ったセッションは何でしたか?またそれはなぜですか?

1つに絞れないので2つ

・セッション2だったと思います。骨盤から脊柱の土台に頭部がきちんと乗り、それまで感じたことのない重い身を感じたから「重力を感じる」とはこう言う事か、と思いました

・セッション10でやった、脊柱周辺を緩めるエクササイズ、両下肢ー骨盤ー脊柱ー頭部が連動している事を実感できたから

Q:ロルファー森部 の印象は?

受容的で包容力がある人

ロルファー、トレーナーとしての背景からクライアントの状態を見極めつつ、かといって専門知識をおしつけることなく、クライアントの気づきを理解してその気づきを一緒におもしろがって喜んでくれる

もりべさんだったから自分の感じた事を大事にしようと思えたたと思います

Q:10回通うのは大変でしたか?楽しかったですか?その他ご自由にどうぞ!

毎回凄く楽しかった!

私の場合は毎回何かしら新鮮にかんじることがあり、それを日常生活の動作の中で実践して体に染み込ませて行くのが楽しみになってしました!

ロルファー べぇ コメント

毎回のセッションを本当に楽しみにして頂いて、そして楽しんで頂けて僕としてもとっても嬉しくて楽しい時間を重ねさせてもらいました

セッション10が終わってセッション1を受ける前の写真を見返した時に

「想像以上の仁王立ちでしたね、私」といっていたのがとても印象的でした 笑

体の変化も勿論ですが、ご本人も文中で書かれているように「物に対する価値観」に変化が生まれ、「自分で能動的に動いて行く必要がある」という事を強く感じて、取り入れてくださったようにおもいます

普段何気なく履いている靴やお仕事の時の体の使い方

セッションでやったちょっとした体の使い方の復習など、次回セッションの時やメールで沢山質問していただけたのもとっても嬉しかった!

さらには、自分で体を動かして行きたい、ということでセッションが後半にはいってから、僕がお勧めしているA-Yogaにも興味を持って頂いて、体験会を踏まえて入会もされて、次のレベルで体と向きあう事を実践してくださっているのが何よりも嬉しいことです!

さらにはご主人様にもロルフィングを薦めて頂き、現在はご主人様にも通っていただいています

他のクライアントの方も、家族に勧めて頂いてお越し頂くケースが多くとてもありがたいな、っておもいます

本当に楽しい楽しい10セッションでした

やっぱり終わってしまうのは、施術者の僕としても寂しいですが、次のメインテナンスでお会いするのがとーーーっても楽しみでもあります!

こうやって皆が笑顔になっていってくれたらいいなー

ありがとうございました!

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

もしくは info@kukunabody.com まで!

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。