ロルフィングセッション9感想:「「ロルフィングを受けるたびに綺麗になるね」なんてことを周りの方にも言われてうふふ♡ってな感じです。

アマンダさんからのセッション9の感想。どうぞご覧ください!
以前のセッションはこちらから

教師のアマンダさんからセッション8の感想を頂きました。御覧ください。・前回のセッションからの振返り(身体や気持ちの面で感じたこと)甘えかなぁとか、わがままかなぁと抑制していたことを安心に少しずつ表に出せるようになったこと。身体が安定して、もともと...

前回のセッションからの振返り(身体や気持ちの面で感じたこと)

アレルギー性鼻炎のため、鼻も咳も薬の副作用の眠気が続いていました。

でも、身体自体は淡々としていて、力まず、焦らず、伸び伸びとしていました。

今まで高熱が出ても病院を避けて生きてきたのですが、ロルフィングを受け始めて、身体が要だと思い始めてから抵抗なく通院できるようになりました。

「病院は嫌だ!行かない!」ということにも表れていました頑固な部分が、身体がのびのびしていくと共に、溶けていったように思います。

仕事の会議中では人の意見と衝突することもぐっと減りました。楽になったと思います。

セッションを受けている間に感じたこと

全体を整えてもらっている感覚でした。あ〜、楽なところに落ちつくよう、最終調整してるんだなぁって。

今までロルフィングで受けてきたものが、スーっと身体に流れている感じです。段階を経て、身体がぎゅっとなっているのをほぐし、変に縮こまっている部分を本来の形に分け、可動域が広くなった感じです。

セッションの始めと終わりに部屋を歩くのですが、始めに歩いている時に、「安定したなぁ」って感慨深いものがありました。

セッション後に感じたこと(セッション直後や1−2日後の様子など)

首から鎖骨周りを通って肩まで、強張って余計な力がもう少しだけ残っていたものが、ストンとなくなりました。そしてなぜか脚が細くなりました。

気がついたら肩こりも気にならなくなっていました。自分の中心に軸はあるんだけど、手足はぶらぶら好きに動く。力の抜けた状態で、物事に取り組めることでフロー状態になれ、仕事も普段の生活も淡々と捗ります。

「ロルフィングを受けるたびに綺麗になるね」なんてことを周りの方にも言われてうふふ♡ってな感じです。

身体も心も、少しずつほぐされていって、素直になっていくようです。

ーーー感想ここまでーーー
アマンダさんの言うように、身体と心がほぐされていくと素直になっていく。

素直になれない自分、それって何かとても大切な物を守っているのかもしれない、でも守る時間が長すぎて「もう大丈夫だよ」って言ってあげる時間も必要。

Kukunaの10シリーズはそんな風にも使ってもらえると嬉しいなって思います。

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。