肩を触っていないのに肩こりが軽くなったのは本当にビックリしました

大阪から帰ってきました

大阪最後の夜から、昨日は東京でも少し慌ただしい一日を過ごしていた反面、今日はかなりゆったりとした一日を過ごしています

西麻布のオフィスは既にセッションを始めていますが、過ごす時間が増えると「あれも。これも」となってしまい色々なお店を見ては目移りがしています、困った物ですね

さて、先日から募集を開始した体験セッションですが、早速大阪から帰って来たその日に受けてくださった方の感想を紹介したいと思います

ー「体験セッション/ロルフィングを受けてみて」 (30代 女性)

初めてロルフィングを体験し、自分の身体の変化にオドロキました。

私は肩こりがひどくて、生活する上で肩こりといかに上手につき合うかが重要なpointだったのですが、今回の体験で肩を触っていないのに肩こりが軽くなったのは本当にビックリしました。

どうしても腰をかばいがちだった姿勢も、体験セッションだけですっと本来の位置に戻ったと思います。ぜひぜひ色々な方に体験して頂きたいです

体験セッションではまず、「ロルフィングとは何なのか」というお話をします

「何を目的として」「何を目標とするのか」

そんな事をお話しながら、身体の気になっている所を質問していきます

その後、身体を普段どういう風に使っているかを立ち姿勢や、歩いている所を観察して、また質問を繰り返して行きます

そして実際の施術

体験セッションなので短めになりますが、まずはロルフィングのタッチがどういうものなのか

そして「身体って繋がっているんだよ」という事を体感して頂けるようなセッションを行って行きます

この方の場合は、足の裏だけを5分ずつ程触りました

効果はテキメンで非常に楽しんで頂けたようです

お帰りの前には早速、通常セッションのお申し込みを頂きました

そして最後に一言

「これは一生懸命ブログでも説明されていますけど、この感覚は言葉ではわからないですね、、、」

と、誰もが口にする事をおっしゃっていかれました 笑

本当にその通りなんですね

ですから、ぜひこれを読んで頂いているかたにもロルフィングを体験して

御自身の身体の中に

身体の事で困っていたり、心が疲れきっていたり、後一歩壁を超えるのに頑張りすぎている人に

ロルフィング、というオプションを知る機会になって頂けたらいいな、なんて思います

体験セッションのお誘いについて書いた記事はこちらです

お気軽にご連絡を頂ければと思います

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。