セッションを受けた後日、上半身が解放されたような感覚に

ウェブデザイナー Hさん セッション9の感想

さて残す所あと2回、セッション9の感想を頂きました
ご覧ください

セッション9。上半身のまとめ。

前回のセッション8で下半身、今回は上半身でした。
少し時間をあけての久しぶりのセッションです。

毎回、圧をかけられる力は強いわけではないのに、場所によって痛みを伴います。

今回痛みを感じたのは手のアプローチで右側手の平、胸の上から脇にかけての部分、肋骨の下あたり右脇腹、左脇腹。

いつも左側が不調というか出やすいので、上半身も痛みを感じるのは左が多いのかな、と思っていると右側のほうに痛みを感じました。

上半身のまとめだけど、足も時々軽く確認されていました。

首回り、頭部、仙骨へのアプローチ

首まわり、頭部のアプローチはどのセッションの時もわりと意識が遠のいて、あまり覚えていないのです。意識が空気にとろーっと溶けているような感覚です。

最後は頭部と仙骨へのアプローチ。
歩いて全体を確認。時間があいたせいか、また足の使い方がおかしくなっていて、一部に痛みがありましたが、また上下の体が連動して歩きやすくなりました。

ちょっとした身体の使い方

ベンチワークで首の上下を動かしていきました。首を上下するときはどこを起点に動かしていますか?というべぇさんの質問を受けて、付け根かなぁ、と答えながら動かしていました。

視線を固定して上下に動かし、視線も一緒に上下に動かし、坐骨、上半身を使いながら首も動かし、段階をわけて首を動かしていくと可動域が変わるのがわかりました!

首も力を入れていたり、自分で動きを制限していたんだなーと実感します。
セッション8のベンチワークも9のベンチワークも日常に取り入れたいです。

また普段から肩の力も入りやすくて、ロルフィングを受けてから、かなり改善はしてきているけど、もっと普段も力の抜く方法を知りたくて質問しました。

教えてもらった脱力方法はとても快適です!力が入ったなーと思うといつでもできます。その時に教えてもらった眠るときの脱力方法もとても気持いいです。

セッション後

セッション受けた当日はあまり感じなかったけど、上半身が解放されたような感覚。

朝から歩きやすく足裏が痛くない。体重移動で、どこを使うと足裏が痛くなるのかがわかってきました。

セッション中に歩くとき忘れていた下半身の動き(セッション5か6くらいでアドバイスされた骨盤がゆれているイメージ)を思い出しました。

数日後歩きながら、ふと、べぇさんにセッション5、6あたり?で言われた歩くときに骨盤が動くイメージで歩いてください、というような内容を思い出しました。

上半身が楽になったからか、下半身のこわばりのような感覚に敏感になり、骨盤を動かすイメージを意識しながら歩くと、上下の連動が楽になった感じです。

そして仙骨って大事だなぁ、と思いました。

写真を見て

セッション前は肩が前に入り上がっているのがよくわかります。
セッション後は胸が開き、上がっていた肩が下がり上半身がすっきり見えます。
セッション後視線が定まっていないのでちょっと上向きでした。

ロルファー®べぇ コメント

上半身のまとめ(統合)となったこのセッション

いつも通り、色々とお話をしながらすすんで行きましたが、Hさんはロルフィング®を始められる時から色々と考えて、今回こういったモニターというご縁で僕のオフィスに来てくださいました

僕はただ、ロルフィング®を技術やテクニックとして提供して、「はい、身体楽になったでしょ」で終わりにはしたくないので、セッション前後やセッション中の会話もとっても大事にしたいと思っていて、Hさんはその会話の中で色々と学ばせてくれるし、この9回のセッションを通して具体的に考え行動を起こされているのがとても通じて来て、毎回刺激をいただいていました

だから身体もとっても素直に反応していて、これだけ伸び伸びとするようになりました

のこり1セッション、大切な大切な卒業式になります

いつも通りの嬉しさと寂しさと。。。

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。