コネクティブ主催:【身体をシンプルにとらえるために知っておきたいコンセプト〜全体性と流動性〜】

治療家をつなぐネットワーク、コネクティブ主催のセミナーのために大阪に来ています。

 

主宰の杉山さん(すぎやん)は、3年前に行ったセミナーに来ていただいてからの繋がり。その時のセミナーで衝撃を受けた、と常に伝え続けてくれていた彼はいつの間にか色々な場を駆けまわり、多くの人を繋げ、影響を与えていく一人となっていました。

そんな彼からオファーを受けた今回のセミナー。とっても楽しみにしていました。

 

日本に帰ってきてから多くのセミナーを様々な方を対象に行ってきましたが、治療や医療に携わる方々はその責任感と優しさ、そして真面目さから時に自分自身を苦しめてしまうことがある、そう感じていました。

 

主宰のすぎやんが言ってくれているように「何を学ぶか、ではなく誰から学ぶか」

そのことを大切にしてくれているすぎやんが声をかけてくれた、ということは僕だから伝えられることを、そのままに伝えていくということ。

 

治療家の世界で求められていることや、当たり前とされている事はあると思います。

それはそれで大切にしてもらいながら、僕は僕の世界を伝えていく、そしてそれが一般の人に受け入れられセッションを受けに来てくださっている方々がたくさんいる、ということは何か共通することがある、そのことを感じてもらいたかったから。

 

ボディーワークの得意とする所は、木を見ず森を見ること。

あまりに細部にこだわりすぎるのではなく、まずはその全体像をとらえること。

それは細部を無視していいということではありません。

細部を見ることが充分にできる治療家の皆さんだからこそ、全体像をとらえること。

 

そこでいう全体像とは、単関節から複数の関節、下半身から上半身、右半身から左半身、そして全身へという身体そのものをさすこともあります。

また僕だから伝えられることは、身体だけにとどまらないこと。

その人がおかれている環境や状況、社会に対する接し方。

そういったことも含めて、僕達の身体は機能しています。

 

みんなどこか気づいている、けれどそれを言語化して伝えられる人はあまりいない。

だから僕は技術や知識も大切にしながら、どのように自分が関わっていくか、自分がどのようにその仕事や自分の人生に向き合っているかということもセミナーの中では伝えていきます。

 

技術や知識は大切なものではありますが、それだけでは何も生まれない、変わらない。

何かを生み出す、変えていくには自分自身の捉え方を変えていくことが教科書から学ぶことよりもずっと大切だと思うから。

 

プロや専門家として技術や知識の研鑽を日々行っていくことは大切なことで、それは当たり前のこと。

しかしそれは、「足りない、できない」という焦りから生まれているこうどうであれば、意味をなしません。そうではなくて「知りたい、やってみたい」と思う好奇心からの行動かどうかがとても大切。

なぜなら、もう充分な知識や技術は自分の中にあるはずだから。

そして自分の中にある「したい」の気持ちから行動している姿から患者さんやクライアントさんが感じ取る物の大きさは計り知れないものなのです。

 

今回の時間が少しでもご参加いただいた皆さんの、今まで行っている治療や活動にさらなる深みを増してくれたら、と思います。

 

来年の3月には合宿形式でのセミナーとなるようですよ!楽しみ!

 

懇親会も楽しかった!セミナーで出来ない話ができるから懇親会って大切。

 

ではまた
べぇ

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。