日々の暮らしをチョット見つめる、自分をちょっと大切にする。

京都の銀閣寺そばで鍼灸院を営むゆに鍼灸院の安東由仁さんをお招きしての「初めての東洋医学シリーズ」。

先月に引き続き、今回は別トピック「養生する暮らし」を行っていただきました。

健康ってなんだろう

健康の定義についてWHO(世界保険機関)は以下のように述べています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

その点を踏まえあなたは健康ですか?

そして健康は誰によってもたらされるのでしょうか。

日々の暮らしを見つめなおす

健康とは誰かに与えられるものではありません。

疲れたから誰かに肉体的、もしくは精神的なケアをしてもらうためにその人達を頼るということも大切なことです。

しかしながら常に誰かに頼りっぱなしでは、自分自身の身体を、心を、生活を、ひいては人生を支えることはできません。

最初は誰かに頼りながら人間としての一つのリズムを知っていく。そして、そのリズムを大切に扱ってあげることで健康というものはもたらされるのではないでしょうか。

ご参加くださった皆様、そしてゆにさん、どうもありがとうございました!

ゆにさんの鍼灸院はこちら

京都・左京区鹿ヶ谷の町家鍼灸院。スポーツ現場での経験も豊富な女性鍼灸師が、体の痛みから体質改善、女性特有の体の不調や妊婦さんの体調管理まで、幅広くお手伝いします。 | ゆまにて ゆに鍼灸院

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ




【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?




ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。