報告「自分もクライアントも幸せにする仕事の作り方」セミナーを開催しました。

昨日は、株式会社ライフタイム・アスリートの安藤さんとコラボセミナーとして「自分もクライアントも幸せにする仕事の作り方」セミナーを行いました。

普段から安藤さんとはお食事やその他の機会に様々な話をするなか、トレーナー、セラピスト業界の現状についてや自分たちが提供できることについてお話をしています。

そのなかから、モノの伝え方が正反対と言っていいほど全く違う安藤さんと僕ですが、見据えている所はおなじ、ということで

  • 「自分の好きなことを仕事にしているはずなのになぜか苦しい」

そういった声がセラピスト・トレーナー界隈で良く聞かれるので、合同で「仕事」に関するセミナーを行うことになりました!

ビジネス系のセミナーは怪しい!?

僕もそう思っていたことがあります。なんだかちょっと実態がつかめないというか、何が行われているかわからないから不安になることもありますよね。

確かに気をつけないとそういう所もあるようです。ただ、本当に自分の仕事の価値を届けていくためには、ビジネスの仕組みを知っておかなければ本当に必要な人のところには届けることができません。届かなかったらそれはないのと同じことになってしまいます。

それではせっかく学んだことや、提供できることがあるのにもったいない。

繰り返しになりますが、たしかに「ちょっとそれは、、、」という所もあるようです。

安藤さんも僕もビジネスのセミナーやコンサルは行っていますが、共通の意識として「自分の仕事の価値をきちんと届ける」ということを念頭においていることも一緒なので、今回こういった形でセミナーを行う事になりました。

お伝えした内容

  • 相談される【同業者のよくある悩み】
  • 好きなことを選んだのにどこか苦しい理由4つ
  • マインドセットかノウハウか
  • 成果を出す人の3つの特徴
  • 幸せのカタチ
  • Tea Cup理論

などについて、二人で思うところをと述べさせてもらいました。

ビジネスにおいて、「こうやればこうなる」という絶対公式のようなものはありません。

しかしながら、成果をあげている人が伝える、法則というようなものは存在します。

成果を上げている人に共通すること3つ

  1. 大量行動
  2. 即実行
  3. 完コピ

 

この3つが成果を出すためにはまずは挙げられます。

大量行動

質か量か、という話はよく議論にのぼりますが、成果を出している人が言うのは、まずは「絶対的な量」である、ということは誰に聞いてもそう答えます。

昨今はどこか、最初から質にこだわりすぎていることが多くの業界で見られますが、量をこなしていない質など大したものではありません。

例えば、ホンモノを一度しかみたことのない鑑定士が、真贋を見抜けるでしょうか。そんなはずはありません。

どこかのタイミングで量が質に転化するポイントや転化させなければならないポイントはありますが、まずは量をこなすことが大切になります。

即実行

ふんふん、と聞いていながら実際に行動に繋げないという人は驚くほど多いです。セミナーで聞いてきたことを、すぐに実行する人は実はほとんどいません。

僕の体感値では言われたことを実行する人は3割いるかいないか。そしてその3割のなかの8割は、1回やって終わってしまいます。複数回継続的に行う人はほとんどいないことになります。

ということは、言われたことを即行動して、しかも継続的におこなっていけばそれだけでトップ数%になってしまうのです。

それくらい、行動にうつすことが案外できていない、ということがおわかり頂けるのではないかと思います。

完コピ

私は実行に移しているのに、なかなか結果が出ない!という方もいらっしゃいます。

そういう方に多いのは、初期の段階でオリジナリティーを出そうとしてしまうことや、自分にとって都合の良いところだけをかいつまんで実践している方です。

しかしそれでは意味がありません。

第18代中村勘三郎さんは「型があるから型破り、型がなければ形無しだ」ということを仰った、といいます。

言ってはダメなワード:3D(でも、だって、だから)

安藤さんがセミナー中にシェアしてくれた言葉に3D,というものがあります

  • でも  (例:でも私はこうなんです)
  • だって (例:だってしょうがないじゃないですか)
  • だから (例:だから私の場合はそうじゃないんです)

この3つのD、は最初から素直に聞く気がなく、自分の形を押しとおそうとしています。

でも結果がでていないから、他の人の脳みそを借りようとおもったんですよね?

だったらこれらの言葉はしまっておいて、言われたことを素直に実践することで見えてくるものがあると思いませんか?

もう1つのキーワード:素直さ

成果を出している人に共通することは「素直」ということが挙げられます。それは、言われたことに対して有無を言わずに従順に従う、というような主従関係によるものではなく

「よし、やってみよう」

ととらえて、行動に繋げる素直さです。

これがある人は伸びるし、ない人は伸びることはありません。とてもシンプルな法則です。

自分一人で悩まずに、人に頼ることを覚えよう!

トレーナー・セラピスト業界の方々はとても真面目で一生懸命です。だから全て自分で解決しようとしてしまいます。

そうやって取り組む姿勢は尊いものではありますが、自分ひとりでうまくいかない時には

  • 「他の人に聞く」
  • 「他の人の力を借りる」

これが大切になってきます。

僕も安藤さんも、いろいろな経験をしてきました。

その中には、「知っていたら戸惑わずにすんだ」というようなこともたくさんあります。だから僕たちはこういった場をつくって伝え続けています。

僕達が5年かかってわかったことを、こういった機会に知り、実行に移すことで3年、いや1年でできるようになってしまうから。そうしたらもっともっと自分がやりたいことを明確に形にできるようになっていくから。

こちらのセミナーは動画で販売される予定です。準備ができ次第またこちらのブログやメルマガ(通常版・ビジネス版ともに)でお知らせします!

安藤さんも昨日の様子をブログに書いてくださっています。

【報告】自分もクライアントも満たす幸せな仕事の作り方セミナーを開催しました!
株式会社 Pono Lifeの森部さんと【自分もクライアントも満たす幸せな仕事の作り方】というテーマでセミナーを開催しました! 今回はいつもとは少し違った角度から色々なことをお話するセミナーになりました。

好きを仕事にするためのビジネス講座:ぽのビジ

弊社Pono LIfeがお届けしている:「好き」を仕事にするためのビジネス講座、ぽのビジ

本編でお伝えしている内容の一部を公開しているプレセミナーを随時行っています。これに来るだけでも多くの改善点や新たな気づきを得ることができると評判ですので、ちょっとでも気になった方はお気軽にお越しください!

本編の詳細やプレセミナーの日程・お申込みは下記リンクをご参照下さい!お会い出来ることを楽しみにしています!

「好き」を仕事にしていくビジネス講座|ぽのビジ
自分が好きで行っている仕事の価値を、必要としている人に届け、好きな人だけに囲まれながら仕事をしていくためのビジ...

 

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ




【無料PDFプレセント】クライアントから必要とされ売れる専門家への第一歩
個人事業主として損をしないために抑えておくべき11のこと

「売れたい」そう思うのであれば、避けておくべきことがあります。それは自分の持つリソースの無駄遣い。あなたはここに書いてある11個を「知っている」だけでなく、当たり前のこととして行うことが出来ていますか?




ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。