約半年、毎回通うのが楽しみでした。

10シリーズ終了アンケート

10回のシリーズを終えられた方から、アンケートにお答え頂きました

モニターで参加してくださったHさんです

Q ロルフィング®を受ける前のお悩みは何でしたか?

外反母趾、扁平足、XO脚。足が疲れやすいことが悩みです。

Q お悩みだった事に変化はありましたか?

毎回セッションを受けながら座り方、立ち方のエクササイズやアドバイスをいただき、歩き方に変化がありました。

どう動かすと、どこが痛むかなど気づけるようになりました

Q お悩みだった事以外で何か変化はありましたか?

体の違和感に気がつくのが早くなりました。

肩や腰に痛みや力が入っているのを感じたら、すぐ体勢を変えるようになっています。

ハードな運動は得意ではないですが、歩く事、体を動かす事が楽しいです。

Q 一番印象に残ったセッションは何でしたか?またそれはなぜですか?

セッション5、6が印象に残っています。

腹部に空間が出来た感覚を実感しました。

セッション6の後、脚から頭まで1本につながったように違和感無く、体全体で歩く事ができました。

Q ロルファー®森部の印象は?

いつもあたたかい笑顔で迎えていただき、安心してセッションを受ける事が出来ました。

些細な質問や疑問にも快く答えていただき、楽しいセッションの時間でした。

また手が温かく包み込まれるような感覚で意識が飛ぶ事もしばしばありました(笑)

Q 10回通うのは大変でしたか?楽しかったですか?その他ご自由にどうぞ!

約半年、毎回通うのが楽しみでした。

3週間くらい前回からあいてしまうと長ーい!と思いました(笑)

Hさんの体験談はこちらからどうぞ

お問い合わせ

セッションのお問い合わせはこちらからどうぞ

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。