一緒に喜んでくれる新鮮さ

久しぶりのロルフィング®セッション

先日、セッション3を終えた後に暫く体調を崩されて入院をされていた方が本当に久しぶりにオフィスにいらしてくださいました

その間も何度か連絡は頂いていたのですが、やっぱり直接顔を拝見できるととても安心をします

思わずオフィスにいらした時に自分の口からでた言葉は

「お帰りなさい」

いつも大笑い

このクライアントさんとのセッションはいつも大笑い

久しぶりなのに、そして本当に大変な時間を乗り越えてきたのにそんな事を微塵にも出さずに入って来た瞬間から

いつも気難しくセッションをしている訳ではなく笑ってはいますが、静かにセッションをする時間もあるのでそう言うときとは打って変わって少しにぎやかな時間になります

そんなクライアントさんがFacebookに感想をあげてくださっていたのでご紹介です。ご覧ください。

久しぶりのロルフィング®セッション

今日、やっとこさロルフィングの続きを受けられたです。

3からだいぶ日があいてしまったので、今日は調整しましょうってことでした。

なぜか、べぇさんと逢うとしょっぱなからげらげら笑いっぱなし。

身体の不調箇所を伝えてワークに。

なぜか「にっちもさっちもどうにもブルドッグですね」なんて言いながらワークをする。そのあとブルドッグソースになり、ソースをたっぷりかけたコロッケになり、折角の「べぇ名言」が飛んでいってしまった(笑)

「バランスはとるものでなく、とれているもの」byべぇ

でしたっけ?べぇさん^^;

とろうとして緊張して余計に力が入ってしまう。力まずバランスがとれてる状態がいいよねって。

今までバランスをとってきた身体に感謝してね。って。

べぇさんとのワークでいつもたくさんの気付きをもらうのだけど、今日は… 「べぇさんが、いつも新鮮に感じること」が素敵だなと思いました。

最初は知らない状態で、それを知った時は新鮮で嬉しくてわくわくしたりして、でもしばらくして知ってることが当たり前になって、知らない人のことを「なんで知らないの?」なんて思ったりして(これは私の話し)。

でも、べぇさんは「知らなかった人が知った時一緒に喜んでくれるような新鮮さ」を持っていたの。

「オレ知ってるよ」じゃなくて、「知ったの???やったじゃん!」みたいな感じ(あくまでも私の感じ)。もちろんべぇさんは知ってることなのにだよ。

それがすごく嬉しくて「こうあれたらいいなぁ」って思いました。

結構しっかりとして足取りで帰宅できたので、大丈夫だろうと思ったけど、ちょっと横になったらガシッと眠り、猛烈にダルさがきました。

でも肝炎のダルさではないです。 とても、きもちのいいダルさです。自分が元気になっていくんだ~って感じのダルさです。

べぇさんありがとう♪

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。