セッションが終わった後の歩きやすさは衝撃、感激ものです

ウェブデザイナー Hさんからセッション6体験談

セッション6の感想をお送りいたします。 感想は短いのですが、セッションが終わった後の歩きやすさは衝撃、感激ものです。

背骨の前面

うつ伏せの状態で受けました。 背骨の前面と聞いていたので上半身だけ受けるのだと思っていたら、足裏、足首から、ゆっくり圧をかけられながら上半身までアプローチを受けました。

最初は左側を受け、一度起き上がった時の左側半分の体の軽さと右側の重さが気持ち悪く感じました。

右側も終了し、歩いたとき感じたことは、足元から体の中心に芯が通ったような感覚でした。 ——————————————————————————–

セッションが終わったあと

部屋を出て玄関から歩き始めて衝撃でした。 肩に余計な力が入らず、体が軽く歩くのもすいすい行く感覚。

セッション前と持っている荷物は同じなのに、肩も足も別物のように感じました。

セッション前は少し具合が悪かったのですが、それもスッキリしてしまいました。 顔がむくんでいたのか鏡を見たらセッション後の目が大きく見えました。 ——————————————————————————–

写真をみて

側面から見ると、セッション後は自然に体が伸びて見えます。

セッション後の正面は胸が開いている、背面は肩の力が抜けているのか、張ってないように見え、ヒップの位置が上がり立体的になって見えます。

以前ほどではありませんが首の軸は相変わらず右寄りです。

セッション7のコアセッションまとめ後がどうなるのか楽しみです。

ブログの記事を読んで

セッション後、べぇさんのブログに掲載された良い姿勢の記事を読んで、自分の体とテントのイメージを思い浮かべながら体を動かすと、腹部の空間というのか、とてもわかりやすく感じて腑に落ちました。

ロルファー®談

Hさんとはいつも、セッション中に「身体の感覚がどう変わって来たか」という話になり、その口ぶりに熱がこもっていて、僕自身毎回とても嬉しく感じています

Hさんがおっしゃっている 良い姿勢の記事、というのはこちらの

「いわゆる「良い姿勢」でいる為にお腹に「力を入れる」のと、「力が入っている」のとは違うよね、っていうお話」

本当にカラダって毎日頑張ってくれているんです

セッション6のときは比較的片方だけをまずやって、一度立ってもらう事が多いです

そうすると、「普通」だと思っていた片側がいかに縮こまっているのかという比較対象ができるから

その時の皆さんの表情は、これまた秀逸で「おぉっ、、、」と立った瞬間に変化を感じているくらい

そんな感覚を味わえるのもロルフィング®の一つの醍醐味のように思いますし、そういった変化を毎セッション楽しい変化として捉えてくれるHさんとの時間はまさに「セッション」というなの共同作業で楽しい時間です

次はいよいよコアセッションのまとめ

楽しみです!

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。