ご挨拶

身体を入り口として、自分の心や感情に気づいていくこと。

それがKukuna Body が大切にしていること。

それは自分自身を大切にすること。

ひいては自分の人生を自分の足で歩んでいくこと。

そのきっかけづくりをしています。

からだはこころのいれものだから

Kukuna Bodyへようこそ!

はじめまして、Kukuna Body代表の森部高史(もりべたかし)です。
Kukunaにお越しいただく皆さんからは「べぇさん」と呼ばれています。

Kukunaで大切にしていること。
それは「体を入り口として、自分の心や感情に気づいていく」こと。

「自分が自分らしくいられる」こと。
それがKukuna Bodyの目指していること。

それは自分自身を大切にすること。
そうすることで自分の人生をより彩り豊かに歩んでいくこと。

kukunabody-ayoga

いつの間にか、僕たちは日々の生活の中で、知らず知らずのうちに縛られているものがあります。

それは、社会的役割であったり、家族の中での役割、肩書き、人付き合い、性別など挙げればきりがありません。

Kukuna Bodyではロルフィング®をはじめとする各種セッションを行う中で、
クライアントの皆様がより「自分らしくいれること」をサポートさせていただいています。

からだはこころのいれものだから

Kukuna Bodyではブログのタイトルでもある「からだはこころのいれものだから」という考え方を大切にしています。

身体のことを気にかけ、大切に扱っていくことで、身体への感覚を育くまれていく。
それが心の安定やリラックスに繋がります。

Kukuna Bodyは、身体を通じて「ジブンがじぶんに帰る場所」として、
自分らしくイキイキと人生を楽しみながら生活をしていくためのお手伝いをさせていただいています。

身体を整えることはこころを大切にすること
それについてはこちらの記事もぜひご覧下さい。

「良い・悪い」の二極で判断しないこと

何せ忙しい現代社会です。だからすぐに結果が欲しくなる。
「良い・悪い」で判断したくなる。

でも僕たちの身体はそんなに単純ではありません。
僕たちの心はそんなに単純ではありません。

人生は曖昧さを楽しめるかどうかで、その深みが変わってくるのだと思います。

セッションは受け身でいるのではなく、お互いにコミュニケーションを取りながら進めていきます。

そして今が「良い、悪い」ではなく「今とさっきと何が違うかな?」という感覚をとても大切にしていきます。

そんな風に「今」を大切に扱う時間を身体を通して積み上げていくことで、Awareness/気づく力が高まっていく。

そのプロセスが自分自身の身体を、今後を支えていきます。

自分のことを支えられるのは自分だけです。

Kukuna Bodyでの時間は自立し、自分の時間や人生を楽しみつつ深く探求できるように
なるためのお手伝い。

セッションは全て完全予約制となっています。

各種セミナー

様々なセミナーを少人数制で行っております。外部から講師をお招きして、多岐にわたるトピックでお届けしています。

募集はブログ、Facebook、メルマガなどで行っております。

営業時間・定休日

営業時間:10:30am-6:00pm (最終セッションスタート)
定休日 :不定休
(『完全予約制』)

お問い合わせ・連絡先

お問い合わせ先はこちらから

住所:東京都港区三田1−11−22 SSTビル2−B
詳細はこちらの「アクセス」ページをご覧下さい。

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。