歩き方、体重移動がうまくいくと、足裏に痛みを感じず歩くことができるということが嬉しいです


Hさん(30代/ウェブデザイナー)からセッション4が終わった後の体験談が届きました

ご覧ください!



セッション4


骨盤下部、坐骨
全体の流れは足裏、くるぶし、すね、膝、太もも、骨盤の下(坐骨の下部分)へのアプローチでした。

 


最初は右を下にして横向きになり足裏から始まり、くるぶしから脛、膝、太ももまでは中央部分に圧をかけられていきました。

 


毎回強い力で圧をかけられるわけではないのに、圧をかけられる場所によって痛みを感じることがあります。今回はふくらはぎと太もものあたりで痛みを感じました。

 


太ももまで終わりそのあとは坐骨の下部分に沿って圧をかけられている時に仙骨を上下してくださいと指示が入ります。

 


右側が終わったあと立ち上がった時は、右側に体が傾いたような状態になり、左側の太ももは張っているように感じました。

 


右側へのアプローチ前に室内を歩いて往復したときは、左足首が重たく動きにくい感覚がありました。

 


両足のアプローチが終わり立ち上がった時は、右側で感じた体の傾きはなく、体全体が軽くフワフワした状態 でした。

 


仰向けになり足に1本串が通ったイメージで、その串を抜いていくように足を伸ばしたあと、今回は圧をかけられながら足を動かさずに伸ばしていくイメージを持ってくださいと指示されました。

 


もう一度室内を歩いて往復したら左足に感じていた重たく動きにくい違和感はなくなりました。

 


室内を歩いているときにべぇさんからどのような違いを感じるか質問があり、違いを感じているけど具体的に言葉が出てこなかったのですが、べぇさんから、「歩き方の最初の1歩からすでに違っています」と伝えられました。

 


足の前だけに重心があったものが後足に重心が残っていると言われ、自分でも納得しました。

 


頭部へのアプローチで意識が途切れ途切れになり、緊張している、というのがよくわかります。寝てしまうというのとはまた違う感覚でした。

 


そのあとは椅子に座り、両足に力を入れ、背中をベェさんに押されている状態を押し返す動作をしました。左足に力が入らないのか、「左足に力を入れて」と言われます。

 


次は背中を押されながら胸を逸らしながら頭を上げていく動作をしました。

 


最後に室内を歩いて往復するときに骨盤がゆらゆら動くイメージ、くるぶしから頭まで繋がっているようなイメージで歩いてください、と指示がありました。

 


最初に歩いたとき感じた左足の違和感はなく、楽に歩けるようになりました。


——————————————————————————–
セッション後

歩き方が安定せず足裏(たこや魚目ができる部分)が痛いとき、痛まないとき、座り方も違和感を感じるとき、違和感なく座れるとき、変化が多いです。


歩き方、体重移動がうまくいくと、足裏に痛みを感じず歩くことができるということがうれしいです 。

 

体がどうしたら自然に動けるかを感じながら、歩き、座るようになっています

座っていても猫背になったり、足を交差させてしまったりクセが出るのですが、その姿勢からすぐ気が付き直せるようになりました 


———————————————————————————————–
写真を見て

正面はやっぱり右側に首が寄り気味です。
終わったあとも今回は右に寄っていますが、胸は開いています。

横から見ると自然に腹部や胸のあたりが伸びて見えます
セッション前は体が縮んでいるというか固まっている印象です。
———————————————————————————————–

*********************


ロルフィング®で起こる変化は本当に少しずつ、少しずつ


なぜなら今の自分の身体は、長年の積み重ねだからいきなり大きく変わっても維持して行く事ができません


でもその小さな変化に気づいて、少しずつ身体の事を気にかけて行く


そうする事でちょっとした修正を自分でして、今迄のように「崩れる」前にセンサーが働いてくれるという感じかな、って思います

 

今迄感じていた不快感が、ちょっとしたことでなくなる瞬間

まだその時間は短いかもしれないけれど、その「瞬間」がある、って知る事はとってもとっても大きな希望に繋がると思います

あとはどうやったらその頻度が増えたり、減ったりするのかな、っていう所をさぐっていけたら

歩く事が「嬉しい」っていうのは凄い事ですよね!僕も嬉しいです


次回はちょうど中盤となる5回目


楽しんで頂けたら、と思います!


それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。