怒っている小さい子を「よしよし」となだめられている感じがしました

体験セッションの感想を頂きました

今回も女性からの感想です

足の裏に手を当てて頂いているだけなのに足の裏から頭頂にかけて1本のパイプの中を髄液が通り充たされて行く感じ

更には右の手の平からエネルギーが満つる感じもしました

長年縮んでいた右ひざに手を当てて頂いている時には怒っている小さい子を「よしよし良い子だ」となだめられている感じがして

きっと炎症のもとになっていたとがった感覚も身を潜めたのだと思います

だからセッション後両足で立ったときの軽やかさ、地面からの解放をあじわえました。ありがとうございました

もの凄く繊細な感覚をお持ちの方で体験セッション中もとても素敵な表現をしていただき、僕もとても楽しかったですし、ロルフィングを楽しんでいただけたようで何よりでした!

やはり今回も「これは受けてみないとわからないですね」というコメントをいただきました

本当にその通りなんです

なのでまずはお気軽に体験セッションを!

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。