ロルフィングを受けるタイミング

セッション1の感想 

先日、セッションを受けに来て頂いた方がその感想を御自身のブログにアップしてくださいました

ロルフィング その1

文中にもありますが、この方はロルフィング®について知ったのは暫く前

興味はあったけれど、なかなか実際に受ける、という所までは行かなかった時間がながれ、つい先日僕と知り合う機会があり、その翌日にはセッションの予約連絡をくださり、その翌日にはセッションを受けにきてくださいました

出逢ってから2日後のこのスピード感

でも、けっこうロルフィング®ってこう言う感じ

なんだか良くわからないけれど

「あ、受けにいってみよ」

ってすんなり思える時がくるんですよね、何かに背中を押されるような

値段も気になるし、、、

色々なクライアントの方々とお話をしている中で

「値段が気になっていたんですよねー、10回って考えるとねー」

と言われる事もあります

そういう風に思うのも良くわかります!

だけど、不思議な事にその値段が気にならなくなるタイミングってあるんです

だから、お金の事が凄く気になる人はまだもうちょっと待っても良いのかも知れません

そこら編の事は、「ロルフィング®って高くないですか?」について以前書いたので参考にしてみてください

ロルフィング®を受けるペース

理想としては1−2週間に1回のペースをお勧めしています ロルフィング®では自分の身体がどうなっているかに「気づけるように」なるのを大切にしています

だからセッション中も、セッションの後も「今自分の身体はどうなっていますかー?」って感じてもらう事が多いです

そういうのが潜在意識に残るのって10日くらいっていわれているんですね

もちろん3−4週間に1回という方も沢山いて、変化がきちんとでています でもできるなら1−2週間に1回の方が、自分自身がその変化に気づきやすいと思います

でもなかなか金銭的にもスケジュール的にも、と思う方は セッション3まで受けて次の準備をして、それができたらセッション4−7を受けて、また一休みして、とそのタイミングで区切りをつけるほうが、5−6週間空けてしまうよりもいいとおもいます

受けようと思った時がそのタイミング

何にせよ、この感想をくださった方もかいていらっしゃいますが、

「受けよう」と思った時がそのタイミング

多分そのときって、人任せにしないで、自分としっかり向き合おうって決意できたときなんじゃないかなー、って思います

だからセッションを楽しんでくれたり、セッションが進んで行くに連れて笑顔がより増えて行ったりするのかな、って

まずは単発からでもOK! 

気になる方はまずは単発のセッションを受けてみる事をお勧めしています

自分の身体とじっくり、ゆっくり向き合うって楽しいですよ!

これからこの方がどのような変化のプロセスを歩んで行かれるのか、とっても楽しみです!

この方のエントリー、ぜひご覧くださいね!

ロルフィング その1

お問い合わせ

セッションに関するお問い合わせや質問などは

こちらから

もしくは info@kukunabody.com まで

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。