腿の動きが良くなり、蹴ろうとしなくても自然に前に進めました。上下にもぶれず、無駄のない力の抜けた歩行に変わりました

ロルフィングを受け始める前(左)とセッション3の後(右)。後ろ姿の写真、撮り方が悪くて斜めになってしまいました。すいません
 
 
 
まずは、セッション1,2を終えて、感じた事。

座るときにの姿勢を気にするようになってから、ただ座っているだけの姿勢が楽になりました。
 
 
気を抜くと、ぐにゃっとみっともない座り方になっていることもありますが、そうなっていることに気付けるだけでも大きな成果だと思っています。
 
 
 
 
さて、本日のセッションは表層の最後、身体の側面でした。
 
 
いつものように最初に自然に立って、歩いて様子を覚えます。今回は腕を上げるときに左右のどちらがスムーズに感じるかも確認しました。
 
 
 
横になり、足の先から少しずつ上に向かってアプローチします。
 
 
右を向いて横になり、右足は折り、左足を伸ばして下から順に押されていく感じです。本当に軽く触られているだけで、毎回おもしろい変化が現れるから不思議です。
 
 
 
マッサージによく行く人には、物足りないような触り心地です。小さな筋から少しずつほぐされているようです。
 
 
今回は痛いと感じるポイントは少なかったです。腿と肋骨の下の方くらい。肋骨と骨盤の間の空間にはたくさんの物が詰まっているため、痛がる人が多いそうです。
 
 
 
片側が終わり、確認のために一度立ってみます。説明しにくいのですが、左足の裏が大きくなったような、安定感を感じました。太い柱が通ったような感じです。
 
 
 
もちろんすぐに反対側もやって頂きました。腕の動きが楽だった右側の方が、いろいろスムーズで痛みも少なかったです。両側が終わった段階で、とても安定した素直な立ち方に変わったように思います 
 
 
仰向けになって足や肩などにアプローチしてもらいました。ちょっと膝を痛めていたので、触られるのが恐かったのですが、特に痛みもなく心配ありませんでした。
 
 
 
最後に、仙骨と頸椎あたりの下に手を入れて、何かを確認しているよう感じでした。これ、何ですか?
 
最初の3セッションは、受け手が色々感じられるように、少し強めのアプローチをすることが多いそうです。
 
 
私はこの第3セッションで一番身体が楽になった様に感じました。第1回目は変化の大きさに驚き、2回目はちょっと違和感を覚え、今回はとても身体が素直な位置に調整された感じです。
 
 
 
セッション最後に、また確認の歩行です。
あれ?あれ?というくらい、違う歩き方になっていました
 
 
 
始める前は、上下のぶれが大きく、前のめりの歩き方でした。
終わった後は、腿の動きが良くなり、蹴ろうとしなくても自然に前に進めました。上下にもぶれず、無駄のない力の抜けた歩行に変わりました。 すり足に近い感覚を覚えました。
 
 
 
また、1つポイントを教わりました。
自分の背後から聞こえる音(この時はエアコンの音)に気を向けて歩くと、上半身が後ろに軽く引かれる感じになり、下半身が前に出やすくなって、より安定した歩き方になりました。
 
 
 
現代人は、とにかく前にばかり気を取られて「進みたい」感じが強い歩き方になってしまうそうです。四方八方に耳を傾けるだけで、ずいぶん違ってきます。
 
 
 
今日は他にもちょっと思った事がありました。
セッション中は目を閉じるとリラックスします
眠い感覚とは違って、頭は冴えています。瞑想ってこんな感じなのでしょうか
神経は敏感になっている気がします。
 
 
 
仰向けになったときには息が楽だったので、深く大きく吸うように心がけました。すると、自然と顔の力が抜けてアゴがゆるむような感覚になります。
 
 
呼吸を意識するだけでリラックスする方法があるのですから、眠る前などに使えそうだと思いました。
 
 
 
最後に写真を見て、今までと比べて左肩がひどく下がっていることに驚きました。数週間前から右膝が痛んでいたため、かばって変な格好になっているのかも知れません。
 
(*ロルファー®補足 これは写真が斜めになってしまった為かもしれません、ごめんなさい!)
 
 
 
それから、ダイエットを始めたとたんリバウンドし(減っていないのでリバウンドとも呼ばない・・・)太った自分の姿を見るのが余計に辛くなってきました。
 
 
 
次からの、コアへのアプローチが楽しみです。
 
 
************
時間が経ってから思ったこと,気づいたこと。
 
 
歩き方を意識するようになりました。今でも気を抜くと(自分の中での自然な状態)はやはり前傾姿勢です。
 
 
歩くとすねの辺りに力が入っている感じです。でも、ときどきですが、「後ろの音に気持ちを向ける」歩き方をするようになってからは、おしりや腰をしっかり使った歩き方に変わりました。
 
 
ついでに、内ももやお腹にも集中して歩くと、結構運動になります。
 
 
それからもう一つ、ロルフィング後、ものすごく肩こりが気になるようになっています。
 
 
よく、懲りすぎていると麻痺して感じなくなると言いますが、もしかしてその状態だったのかもしれません。
 
 
身体を触られたことで,肩が凝っていることを思い出した感じなのかな、と勝手に思っています。
 
 
 
日曜日に第3回のセッションを受けて、月、火、水は本当に気持ち悪くなるほど肩が凝っており、やっと金曜日に少し楽になってきました。
 
 
以上です。
*********
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
今回は表層の最後でしたが、これが一番大きな変化を感じられたようです
 
どのセッションが一番「響く」か、というのは人によって本当に違います
 
これからまたどんな変化が生まれてくるのか、色々なプロセスを楽しんでもらえたらな、っておもいます!

それではまた

森部高史

【無料PDFプレゼント】Kukuna Bodyメルマガ登録

アメリカにおいてプロスポーツやハイレベルなスポーツ選手と関わり、日本でも芸能界に携わる方々も含み、10000を超えるセッションを行ってきた中でわかった【身体と心の繋がり】、そして【自分軸で生きて行く】ということ。

そのためには、必要不可欠な身体と心のバランス。

自分らしい毎日を過ごすために身体を入り口として心にアプローチする人生に携わる専門家として知っておいて欲しいことをまとめました。

【主体的な人生をすごすために】
〜ちょっとしたヒントとKukuna Bodyでできること~

【からだはこころのいれものだから】の意味を知りたい方は今すぐ、登録して無料PDFを手に入れて下さい

各種セミナーのお知らせも届きます。

各種お問合わせはこちらから


Kukuna Bodyで出来ること

10回のセッションで身体と心を繋げ
自分のやりたいことをやれる自分でいる
ボディーワーク、ロルフィング®
セッションの詳細はこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

セミナー・ワークショップ

開催予定のセミナーなどはこちらから

定期開催・募集中の講座/メルマガ

タッチの本質をお伝えする
Essential Power of Touch(EPT)

詳細・お申込みはこちら
(Kukuna Bodyホームページ内)

好きを仕事にするためのビジネス講座
:ぽのビジ

講座の詳細及びプレセミナーはこちら
株)Pono Lifeホームページ内

メルマガ:主体的な人生を送るためのヒント

登録はこちらから


関連ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。