これも「スペースが広くなった」ということなのでしょうね

スポーツ関係/鍼灸師 Mさんセッション6モニター体験談

力の伝わり方

セッション6は背面のカーブを出していくワーク。

地面からの力は足底→股関節→仙腸関節→脊椎→首→頭と伝わっていくから、
その通りをスムーズにしている段階。

前回、前々回でお臍の辺りから下にまっすぐ軸を作ってきたから、その軸をもう少し上に移すイメージ。だそうです。

背骨のカーブは背骨の前側(椎体前面)で感じるというのですが。。。。
ちょっと想像できません。

前回のセッションからなんとなく身体の前後のバラスが悪く、背面のアプローチの後どうなるのか、
楽しみで仕方がありませんでした。

セルフチェック

立った時

左足だけ身体と離れている。一体感がない。足底内側に体重かけるとつま先が外に向いてしまうし、まっすぐにしようとすると膝が内側を向いてしまう。

セッション1,2のころより首肩が楽になってきた。

歩いてみて

腹筋ばかりが気になって、足音とか、踵で着く感じが気にならなくなってきた。

腕も自然に振れていて、前のめり気味に歩いていたのが上体キープしながら歩けている。

セッション開始

うつ伏せで右足からスタート。足底から股関節まで、前後横のアプローチ。

背面は骨盤を足の方向に、肩背部と引き離すように伸ばされました。

起き上ってみると、右が軽くて顔がパッと明るくなった気がします。

べぇさんに、「いつも右やった後の顔つき違うけど、もともとなのかな?」
と言われ、ipad見てみると・・・・うん、もともとかも 笑

左の方がえらが張ってるんです。ホホの高さとか違ってきているようですが、自分で気づくのは目が開いたことと、顔の筋肉が緩んでいること位です。

いつも右からなので、次は左からスタートしましょう、と提案したら、なんとなく広いほうのスペースをさらに広げてから反対に移った方がスペースが広がりやすいと思う」とのお返事でした。

スペースと言うのは、関節のスペース?筋肉?細胞?

左も同様のアプローチでしたが、右に比べると足底、腸脛靱帯、股関節が痛い!!

立って見ても特に変化は感じませんでした。

歩いてみると、足が非常に重い。左のふくらはぎが筋肉痛になってました。何故?

仰向けで背部、肩、胸部、頚の後にいつも仙骨と肩背部辺りに手を当てるのですが、仙骨の血行が活発でドクドクしてました。

ベンチに座ってのワーク

一度歩いてみて、次はベンチワーク。
座った状態で背骨押されるのを、足底からしっかり押し返す。背中のカーブを出していく感じです。

最後の確認で歩いてみると・・・・?
足の重さは抜けてましたが、特に変わった感じはない。

両膝ともピンと伸びて歩けているかな、位。

べぇさんには、ローテーションが出来て、体幹の回旋と言うか、クロスの動きと言うか、胸も開いて、歩き方が変わってきたと言われました。

本人全く自覚なしですが。

お腹ばかり引っ張られているような感覚はなくなり、前後のバランスが調った感じです。

セッション中にふと、「そういえば身体だけでなく心・考え方にも変化が現れることがある」という話を思い出しました。

受ける前はどちらかとういうと内面の変化を期待していたのが、思いのほか身体そのものに集中していましたが、やっぱり内面の変化を感じたい、と思いました。

残りのセッションでそこまで到達できるのでしょうか?

セッションその後

セッション直後は特に変化に気付かなかったのですが、1週間経った頃から、歩くときに上半身と下半身がスムーズに動き始めていることを実感してます。

背骨の前のカーブは感じ取れませんが、一点(丁度肩甲骨の真ん中の高さ)を中心に上半身が動いているように思います。

それがいいことなのか、悪い癖にでもなっているのかは分かりませんが(というのは若干負担がかかっているように感じるから)背中のカーブもそこから切り替わっている感じです。

セッション1で呼吸について説明があって以来、あまり呼吸に意識が向かなかったのですが、セッション6からなんとなく深く呼吸をするように意識する時間が増えました。

これも「スペースが広くなった」ということなのでしょうね。

ロルファー®談

今回の体験談を頂いて、面白いなー、と思って読んでいたのですがセッション中は色々なリアクションをとられていたけれど、文章にすると あ、そう感じていたんだー と思う事がチラホラ、とあったこと

どうやら結構 「?」 がつくセッションになってしまっていたようで申し訳ない所もあり、そう言う所はなるべくセッション中に解決できたら良いな、と思うのですがセッション中の様子と変化の様子を見ている限り、そんなに疑問に思っているとは気づかず、でした

疑問、質問などはセッション中やそれ以降でも気軽に連絡を貰えたらな、と思います

カラダの方に変化は出て来ているのは写真を見てもわかるところが大きく、後日談からも変化を感じる様子があるのは良かったな、と思う所です。そうやって言えるのもこの体験談をあげたのは次のセッション7を既に行っていて、直接ご本人とお話を伺う機会があったから

そしたらまた面白い変化が生まれていました

内面の変化

ロルフィング®を受けていると、10シリーズの過程で考え方や物事の捉え方に変化をもたらすことがある、という事がよく言われます

恐らく10シリーズを受け終えた、もしくは後半に突入している方は頷いている人も多いと思います

その事については、別途詳しく書く機会を設けたいな、と思いますが、決して内面の変化「だけ」を目的にしているわけでもないですし、初めからそれが目的というのとは少し違うのですがやはりカラダが変わって来ると見えてくるものも変わってくるので、色々と思考の変化も生まれてきても不思議ではありません

その変化のプロセスは、「1日で5キロ痩せた!」(っていうかそれって体重が「落ちた」だけで「痩せて」はないのですが」という急激なものではなくて、ジワジワとのものなので、自覚がなかなか出来ない事もあるとおもいます

ただ、考える/感じる機会がでてくる、というのはそれも立派な変化のプロセス

焦らず、じっくりそういう時間を温めて行けたらいいな、とおもいます

さぁ、もうすぐまとめのセッションにはいっていきますが、どうなっていくか、楽しみです!

それではまた

森部高史


【無料PDFプレセント】

世間的には無名でも自分のペースで仕事しながら楽しく長続きする個人サロン/治療院の秘密



登録はこちらから


【身体の専門家向け】 身体の専門家が専門脳と経営脳を育くむ場、それがポノライフアカデミー。 各種お知らせ(セミナーなど含む)を配信しています。 上記PDFが必要ないけれど、各種お知らせが欲しいという方はこちらに ご登録ください。 登録はこちらから

各種お問合わせはこちらから


ABOUTこの記事をかいた人

森部高史

株式会社 Pono Life(ポノライフ)代表取締役 / Kukuna Body主宰。 「人生の節目に出逢うセラピスト」として多くの方の人生の転機に立ち会う。中高一貫校の英語科教員、部活動顧問を経て、アメリカの大学院に進学しアスレティックトレーナー(ATC)に。アメリカの様々な地域の大学でフルタイムスタッフとして勤務し、2012年帰国。【からだはこころのいれものだから】という考えを大切に、身体と心のバランスを大切にするボディーワーク、ロルフィングを中心に日々クライアントが自分軸で生き、自分自身の人生に彩りを添えていく為のお手伝いをしている。オフィスは麻布十番。2015年より一女の父。